夏のニキビケア

 夏になると肌がベタベタしてオイリーになります。

 

この時期はニキビが出来やすく普段のニキビケアだけでは対策は追いつきません。

 

特に私なんかは普段からオイリーな体質なので、すぐに顔がテカってしまいます。

 

昼間受けた紫外線でのダメージやオイリーなまま、長時間放置された肌、夜の寝汗。

 

それら全ての影響で朝起きたら泣きたくなるくらいニキビがポツポツ出来ています。

 

そんな夏の時期に少しでもニキビが出来ないよう、自分流の対策を紹介していこうと思います。

 

自分流ニキビケア

小まめに顔を洗う

 

顔を洗いすぎると顔の皮脂がなくなり、さらにオイリーな肌になってしまいますが、適度に洗うと大丈夫です。

 

優しく2〜3回ほど洗い、優しく拭き取ってあげると◎

 

脂取り紙を使う

 

脂取り紙でテカリが気にならないくらいまでこすらず、貼り付ける感じで対応します。

 

こすると毛穴などに皮脂が詰まりやすくなるので気をつけましょう。

 

夜はクーラーをつけて寝る

 

クーラーをつけて寝ることで多少は寝汗の対策が出来ます。

 

風が直接当たらないように気をつけましょう。

 

ジェルやクリームの量を減らす

 

普段つけている量を塗ると、普段より皮脂が出ている分ベタベタ感が増します。

 

ベタベタしているとニキビが出来やすくなるので少し量を減らしましょう。

 

テカりやベタつきに対応しているものを使う

 

ニキビケア用品にはテカりやベタつきに特化したものもあります。

 

そういった商品を使うことで夏のニキビを乗り切るのが一番おススメです。

 

私も使っていてネットの口コミも良いラシュレ
は、ホントに効果があります。

 

昼をすぎてもテカリが気になりませんし、テカってることを指摘されなくなりました(笑)

 

以上が私のやっている夏のニキビ対策です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ