実はたくさんあるニキビの種類

 ニキビってよく一括りにされて紹介されていますが実はたくさん種類があるのをご存知ですか?

 

ニキビは肌の生まれ変わるタイミングで肌にトラブルが生じることで発生します。

 

トラブルにより毛穴に皮脂や菌が溜まり以下のように変化していきます。

 

白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ

 

今回はこれらがどのような特徴を持っているか紹介していきます。

白ニキビ

 白ニキビはおでこやアゴによくできるやつです。

 

見た目からは分かりにくいですが手で触ってみるとブツブツした感じがします。

 

この時点で気が付いたら潰しても大丈夫ですがやドラッグストアなどで潰す専用の道具を買ってください。

 

手でつぶすと力が均等に伝わらず毛穴が広がり逆に悪化するかもしれないです。

 

この時点のニキビは中に皮脂などが溜まっている状態なので膿は出ません。

 

詰まって行き場のない皮脂が毛穴を広げようとしている状態です。

 


黒ニキビ

白ニキビが詰まって毛穴から出てきて空気に触れたらどんどん黒くなり黒ニキビに進化します。

 

黒ニキビは鼻にたくさん出来る事が多いですね。

 

私も悩みました。

 

まだ第2段階でそこまで酷い状態じゃないのでこの時点で対処が出来たら良いのですが難しいですね。

 

この時点でアクネ菌は繁殖していません。


赤ニキビ

 このあたりから治すのが大変になってっきます。

 

毛穴に詰まった皮脂を食べるためにアクネ菌が繁殖し痛いし痒い状態になります。

 

そのため気になって触ってしまい潰れてしまうと跡が残ります。

 

アクネ菌はこの時点で毛穴の組織を壊しまくっています。

 

アクネ菌をやっつけるために白血球が戦ってくれます。


黄ニキビ

 赤ニキビの時にアクネ菌と戦ってくれた白血球の死体が膿になり黄ニキビになります。

 

黄ニキビは潰して中の膿を出せば見た目的には膿や芯みたいなものが出て治った感じがしますが潰してはいけません。

 

とても気になりますが我慢です。

 

潰すことによって肌が傷付き、もし菌が残っていたら再び黄ニキビになります。

 

ケアをして自然に治せばニキビが出来にくい肌になっていくので我慢しましょう。

 

ニキビが出来にくい肌になるには時間と根気が大切です。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ